トップページ京都写真TOP-紅葉の写真-大覚寺の写真 京都市 右京区 嵯峨北堀町24  地図 周辺のスポット 大沢池の紅葉写真 嵯峨天皇陵の夜景写真                        
大覚寺   
 
 

アクセス大覚寺(だいかくじ)について

大覚寺は、京都市西部、嵐山の更に北にある、
真言宗大覚寺派大本山の寺院です。
創建は876年と長い歴史があり、鎌倉時代に
亀山法王や後宇多法皇が院生を行ったため、
嵯峨御所とも呼ばれました。
春は桜、秋は紅葉が美しく、寺の境内にある
大沢池と共に美しい景観が見られる寺です。

飛びます:アクセス

◆拝観時間
9:00〜17:00(16:30受付終了)
夜間 11/13〜12/6 17:30〜20:30(20:00 受付終了)
◆拝観料
小・中・高 300円 大人500円
※大沢池は追加で200円が必要
◆駐車場
有 30台 乗用車500円/2時間
◆そのほか
大覚寺公式ウェブページ


見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

大覚寺までのアクセスや行き方など
車でのアクセス○、電車でのアクセス△、バスでのアクセス○です。
車でのアクセスでは、
大覚寺の駐車場を利用できますが、
紅葉の時期等、繁忙期には満車になる場合があるので、
できるだけ公共交通機関の利用をお勧めします。
電車でのアクセスは、
阪急や嵐電、JRからのアクセスがありますが、
駅から距離があります。バスの利用をお勧めしますが、
紅葉の時期は道路が混雑するので、
元気な方は歩いたほうが良いかもしれません。
バスの場合、
大覚寺で下車して徒歩1、2分です。
紅葉の時期は満席になり、乗車できない場合がありますので、
その場合は最寄の駅からの徒歩をお勧めします。


+写真詳細

大覚寺23
紅葉の時期はここから外に出て 大沢池の周りを散策することができます。
〆撮影メモ          

大覚寺は京都では有名な寺院ですが、
嵐山からやや遠く、自転車で行くのには少し大変なので、
私自身も今回が初めての拝観となりました。
想像していた以上に境内が広く、建物自体も大きいです。
参拝したのが3月の平日ということで、他には約10人の
拝観客しかいませんでした。
周りには誰もいない時間もあり、
人のいない静寂に包まれた寺をゆっくり拝観できました。
拝観途中で雪が降り始め、
広大な庭に舞い落ちる粉雪を見ながら、
しんみりとした時間を過ごせました。
木の床板は冷え切っていて、足の裏が痛いほどに
冷えた
ので、冬季は厚手の靴下を履いていきましょう。
ちなみに、春、秋はそれぞれ桜、紅葉が
美しい寺で、期間限定で夜間拝観も行っています。
京都では、冬季は観光客が少ない(花灯呂の時期を除く)ので、
ゆっくりと寺を観て廻りたい方にはお勧めです。


ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1029
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1038
1024×768
★大覚寺の写真 - 撮影日時 2011年 3月 平日 // レンズ:標 写真が表示されない場合はJavascriptを有効にしてください。
大覚寺 大覚寺1 大覚寺2 大覚寺3 大覚寺4 大覚寺5 大覚寺6 大覚寺7 大覚寺8 大覚寺9 大覚寺10 大覚寺11 大覚寺12 大覚寺13 大覚寺14 大覚寺15 大覚寺16 大覚寺17 大覚寺18 大覚寺19 大覚寺20 大覚寺21 大覚寺22 大覚寺23 大覚寺24 大覚寺25 大覚寺26 大覚寺27 大覚寺28 大覚寺29 大覚寺30 大覚寺31 大覚寺32 大覚寺33 大覚寺34 大覚寺35 大覚寺36 大覚寺37 大覚寺38 大覚寺39 大覚寺40 大覚寺41 大覚寺42 大覚寺43 大覚寺44 大覚寺45 大覚寺46 大覚寺47
top京都写真TOP-大覚寺へのアクセス