トップページ京都写真TOP-紅葉の写真-興聖寺の写真 京都府宇治市宇治山田27-1  地図 周辺のスポット 宇治の紅葉写真 大吉山の紅葉写真                        
興聖寺   
 
 

アクセス興聖寺について

興聖寺は、日本最初の曹洞宗の寺院です。
1233年に道元が開祖したことが始まりです。
1236年に伏見深草に建立されましたが廃絶し、
1649年に現在の場所に移されました。
参道脇を流れる川のせせらぎが琴の音に似ていることから
琴坂と呼ばれ、
紅葉スポットとして知られています。

飛びます:アクセス

◆拝観時間
境内自由 ※堂内は9:00-16:30
◆拝観料金
無料 ※堂内は料金300円
◆駐車場
無料 数十台


見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

興聖寺までのアクセスや行き方など
車でのアクセス◎、電車でのアクセス○、バスでのアクセス○です。
車でのアクセスでは、
興聖寺の駐車場を利用でき、料金は無料です。
万が一満車の場合は、周辺に有料駐車場もあります。
電車でのアクセスは、
京阪宇治駅から徒歩約13分、JR宇治駅からは20分です。
バスの場合、京阪宇治駅から徒歩約13分です。


+写真詳細

天満宮写真8
琴坂の右手、東禅院の横に
紅葉の綺麗な場所がありました。
訪れた3、4人の方がシャッターを切っていました。
興聖寺写真18
琴坂の紅葉は結構散ってしまっていました。
11月の中旬〜下旬までが見頃です。
興聖寺写真41
興聖寺の駐車場。
手前にも7、8台ほど停まっていましたが、
まだ余裕があります。
〆撮影メモ          

宇治では有名な紅葉スポットということでしたが、
思っていたよりは紅葉は控えめでした。
入り口から興聖寺入口まで300m程の、結構な長さの
琴坂という坂があり、その一部で紅葉が見られました。
色付くのは一部の木で、多くが秋に紅葉しない木でした。
寺の建物内に立ち入りはできるような状態でしたが、
興聖寺の境内には全く人がおらず、
また、特に拝観案内が書いてあるわけではなく、
中に入って良いか分からなかったので、
寺の外だけ見て興聖寺を後にしました。
ちなみに、駐車場は琴坂の上にあるので、
車で楽に上ることができます。
興聖寺の東側から大吉山への登山道があり、
宇治の町を一望することができますので、
時間のある方は是非そちらも行ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
★興聖寺の写真 - 撮影日時 2012年 12月3日 13:00-13:40 //散り始め レンズ:広 写真が表示されない場合はJavascriptを有効にしてください。
興聖寺1 興聖寺2 興聖寺3 興聖寺4 興聖寺5 興聖寺6 興聖寺7 興聖寺8 興聖寺9 興聖寺10 興聖寺11 興聖寺12 興聖寺13 興聖寺14 興聖寺15 興聖寺16 興聖寺17 興聖寺18 興聖寺19 興聖寺20 興聖寺21 興聖寺22 興聖寺23 興聖寺24 興聖寺25 興聖寺26 興聖寺27 興聖寺28 興聖寺29 興聖寺30 興聖寺31 興聖寺32 興聖寺33 興聖寺34 興聖寺35 興聖寺36 興聖寺37 興聖寺38 興聖寺39 興聖寺40 興聖寺41 興聖寺42 興聖寺43 興聖寺44 興聖寺45
top京都写真TOP-興聖寺へのアクセス