京都の街並み

京都市は、ご存知のように古くから碁盤の目上に整地され、多くの主要な大通りは垂直に交わっているため、
一度地形を覚えれば、どこに何があるのか把握し易いです。

二年坂
▲小路が入り組む先斗町
小路の中にも小路があり、隠れ飲食店が多くあります。


京都といえば、古い木造りの家と石畳の道を思い浮かべると思いますが、重要伝統的建造物群保存地区として
条例で守られている地区(嵐山や二年坂など)以外ではそういった建物は余り見られず、近代的なビルやマンションが立ち並んでいます。
しかし中には昔ながらの寺や古い建物が、近代の開拓に飲まれることなく生き延びているものもあり、
例として烏丸や京都駅周辺などの市街地であっても、大小さまざまな寺があちこちに点在しています。
河原町でも、多くの店が連なる商店街の一郭にお寺が幾つかあり、京都らしさを垣間見ることができます。

二年坂
▲重要伝統的建造物群保存地区の二年坂。
古い町並みがそのまま残されています。
河原町
▲木屋町商店街の一郭にある寺。
商店街にはゲームセンターや映画館など
最近できた店が多くひしめいています。


大阪や東京などの他の大都市に比べて決定的に違うのがビルの高さで、建造物の高さを制限する条例によって
古都らしからぬ非常に背丈の高い建物の建設ができません。(京都タワーは特例です)
そのため、少し標高の高い場所からでも遠くの山々まで見渡すことができます。
京都市の東(大文字山)、北(松ヶ崎東山)、西(小倉山)から京都市内を見渡した写真があります。

大文字山
▲東山区の大文字山からの眺め
京都市東から西を見ます。
大文字山
▲左の写真のオリジナル。
新しいウィンドウで開くので、見比べてみてください。
東山
▲北区の松ヶ崎東山からの眺め
京都市北部から南を見ます。
東山
▲左の写真のオリジナル。
新しいウィンドウで開くので、見比べてみてください。
東山
▲右京区の小倉山からの眺め。
京都市西部から東を見ます。
東山
▲左の写真のオリジナル。
新しいウィンドウで開くので、見比べてみてください。
ご注意このページはWEB作成者の個人的な意見に基づいて作成されていますので、
誤った点がある恐れがあります。ご注意ください。