トップページ京都写真壁紙トップページ-展望夜景の写真-松尾山の写真 京都府 京都市 西京区 嵐山元録山町  地図 周辺のスポット 小倉山からの夜景                        
松尾山
本格的な山道を長時間歩く必要があり、景色を見るために登山をする方は玄人といえます。 あまり人気が無く、安全とはいえません。 入場料などは不要です。 近くに公式の駐車場はありませんが、コインパーキングがあります。 アクセスが良くなかったり、デートで行くほどの夜景がない場所です。 駐車場または駅から徒歩30分以上かかります。公式駐車場・コインパーキングがある場合は、駐車場からの時間となります 山から街を見るタイプの夜景スポットです。
雰囲気1
アクセス1
眺望範囲2
光の多さ3
穴場度5

展望夜景松尾山について

松尾山は、京都市西部にある嵐山に隣接している山です。
標高は275m、京都一周トレイルコースの一部で
年中を通して多くの登山者が訪れます。

展望スポットまで山道を小一時間ほど登る必要があるため、
夜景鑑賞にはあまり適さない場所ですが、
主に嵯峨嵐山の街や京都市北部を見渡すことができます。

スクロールします: 壁紙  飛びます:アクセス

◆時間
入山料や時間制限無し 年中立ち入り自由
◆駐車場
公式駐車場はなし。麓にコインパーキング有。
◆眺望範囲
北-北東
◆標高
展望スポットの標高 約200m



より大きな地図で 嵐山・松尾山 を表示

見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

松尾山までのアクセスや行き方など
車でのアクセス○、電車でのアクセス◎、バスでのアクセス○です。
車でのアクセスでは、公式の駐車場は
ありませんので、周辺のコインパーキングを利用してください。
なお、紅葉や桜の時期などは渋滞が発生しますのでご注意下さい。
電車でのアクセスは、
阪急嵐山駅下車後、徒歩約5分です。
バスの場合、
嵐山公園又は中之島公園下車後、徒歩約5分です。


写真詳細写真詳細

松尾山夜景1-8
山頂付近での見晴らしはあまりよくありませんが、 
1、2では嵯峨付近、3〜8では京都市の南部分にあたる
長岡京付近や、八幡市から桂周辺の夜景が見られます。
(かなり距離があるので肉眼では見えにくいです)
ページの地図上では「展望スポット2」となっています。
松尾山夜景1-4
写真〜8を撮影した手前の(10分ほど下った)場所に、
樹木が伐採されて視界が開けた展望スポットがあります。
京都一周トレイルコースの地図が所々に示されていますが、
その地図に★印で「展望良」と書かれた場所にあります。
通常の道から横に少しだけ入ったところにあり、
非常に見つけにくいので注意してください。
展望スポット2の左下が渡月橋、展望スポット3の
やや下に左右に流れているのが桂川、
写真の中央右の山が双ヶ丘です。
双ヶ丘の奥に見えるのは北区の夜景です。
展望台入り口
右手にあるのが撮影場所への入り口です。

撮影メモ松尾山の撮影記録

         

松尾山は、夜登るのには向いていない山です。
登山道には電灯がなく真っ暗で、野生動物が走る音や、
落ちているベニヤ板が急にバーン!と鳴る音が聞こえるなど
夜景を見るというよりはむしろ肝試し向きといえます。
住宅地が近いので、騒いだりはしないようにして下さい。
モンキーパークが近いので、時折、暗闇の中から、
猿のキャッキャという声も聞こえてきました。
展望スポットは木が生い茂っているため、視界は狭いです。
北方面は人工的に木が伐採され展望できるものの、
東の方向にある京都タワーなどを眺めることはできません。

道は険しい登山道で、雨が降ればドロドロになります。
雨の日の翌日は足を取られないように十分ご注意ください。
展望スポット(嵐山山頂)へは阪急嵐山駅近くの登山口から40〜50分ほど歩くと到着です。
松尾山からは、嵐山に行く道や、
保津峡へ下ることのできる道も
あり自然豊かなので
昼間の登山コースとしてはとてもオススメです。


ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

壁紙サムネイル松尾山11
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル松尾山12
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768

写真松尾山の展望夜景写真

撮影日時 2010年 3月 // 三脚使用 レンズ:標 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 京都写真壁紙トップページ-松尾山へのアクセス