トップページ京都写真TOP-紅葉の写真-三室戸寺の写真 京都府 宇治市 菟道滋賀谷21  地図 周辺のスポット 宇治の写真 大吉山の写真                        
三室戸寺   
 
 

アクセス三室戸寺(みむろとじ)について

三室戸寺は、本山修験宗の別格本山で、
700年後半に、光仁天皇の勅願によって創建されました。
5000坪の大庭園にはツツジやアジサイ、蓮といった
四季折々の花が見られ、別名花の寺とも呼ばれています。
最寄駅は「みむろど」ですが、寺の名前は「みむろと」
と呼びます。

飛びます:アクセスマップ

◆拝観時間
4月1日-10月31日 8:30-16:30(16:00受付終了)
11月1日-3月31日 8:30-16:00(15:30受付終了)
宝物殿:毎月17日 春-夏 あじさい夜間ライトアップ有
◆閉門日
12月29日-12月31日 又は 警報が発令されている間
◆拝観料
500円 宝物殿 300円(別途)
◆駐車場
約300台 乗用車500円 バス2000円
◆そのほか
三脚使用禁止
三室戸寺公式ウェブページ


見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

三室戸寺までのアクセスや行き方など
車でのアクセス◎、電車+徒歩でのアクセス○、バスでのアクセス△です。
車でのアクセスは、京都の紅葉スポットとしては
珍しく、300台止められる広い駐車場があります。
私が行った紅葉の時期もあまり混雑していなかったため、
自家用車での来場は問題ありません。
ただ、寺に近づくにつれて道が狭くなるため、注意してください。
電車でのアクセスは、最寄りの京阪の三室戸駅から
少々遠く、徒歩約17分となります。
また、道は少しわかりにくいので、地図の持参や
スマートフォンの地図をご利用ください。
歩きたくない方はタクシーを利用してください。
バスでのアクセスは、京阪バス「谷下り」停留所
より徒歩約7分となります。紅葉の時期は宇治駅周辺は
渋滞し、ダイヤが乱れる場合もありますので、ご注意ください。


+写真詳細

三室戸寺3
三室戸寺までは綺麗に整備された道が 続いています。幅は狭いのでご注意を。
三室戸寺4
三室戸寺駐車場。駐車可能台数が 多いということもありますが、かなり空いています。
三室戸寺51
三室戸寺を出て、源氏物語ミュージアムへの道中、 住宅街にあったサルスベリです。
〆撮影メモ          

三連休の最終日に、京都駅からJRで黄檗駅まで行き、
黄檗駅で京阪に乗り換えて(駅間徒歩4分)三室戸駅へ。
昨日に引き続き、JR東福寺駅で降りる方が多く、
電車がスムーズに発車できないため、ダイヤに数分の遅れが出ていました。
対照的に、黄檗駅で乗り換えた京阪の電車内は、
拍子抜けするほど空いていました。
駅名とお寺の名前がほぼ同じなので、駅周辺にあるものと
思い込んでいましたが、駅から長い距離を歩きました。
アクセスの悪さが関係してか、驚くほど拝観者が少なかったです。
一日、二日目の人込みで疲れたのもありますが、
久々にゆっくりと境内を歩くことができ、
山の新鮮な空気も味わうことができて非常によかったです。
紅葉は丁度見ごろで、三重塔の斜め下から
鮮やかな紅葉と共に塔を見上げた光景が
美しく、印象に残っています。
所々座ることのできる休憩所があり、一息つくことが
できました。※飲食物の持ち込みは禁止
境内の広い範囲を占めるあじさい庭園は、
花の時期でないため庭園への門が閉じられていましたが、
春から夏にかけては四季折々の花が見られ、
夜間ライトアップも実施しているということです。
この後、源氏物語ミュージアムの紅葉を見に行くため、
また15分ほど徒歩移動です。


ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1031
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1039
1024×768
.
★三室戸寺の写真 - 撮影日時 2015年 11月23日(日) 11:40-12:40 //見頃 レンズ:広 標 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 top京都写真TOP-三室戸寺へのアクセス