トップページ京都写真TOP-神社仏閣の写真-伏見稲荷の写真 京都府 京都市 伏見区 深草藪之内町 68番地 地図 周辺のスポット 伏見稲荷(夜景)の写真 大岩山の写真                        
伏見稲荷
              

アクセス伏見稲荷大社(ふしみいなり)について

伏見稲荷大社は、全国に三万社あるといわれている
稲荷神社の総本山
で、和銅4年(711)2月に、
稲荷山に大神様が初めて鎮まられたことを
起源として創建された歴史ある神社です。
毎年初詣の時期には数多くの参拝者が訪れ、
その数は近畿地方では最多といわれています。
一万もの鳥居があるとされる境内は非常に広く、
山を登った四ツ辻あたりからは京都の南部を
西方向に眺めることができる場所があり、
鳥居の雰囲気と夜景両方楽しめる、
隠れ夜景スポットでもあります。

スクロールします: 壁紙  飛びます:アクセス

◆拝観時間
基本的に24時間常時開門
◆拝観料金
なし
◆駐車場
約100台無料 またはコインパーキング 20分100円など
詳しくは伏見稲荷の公式WEBページを見てください。


より大きな地図で 伏見稲荷 を表示

見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

車でのアクセス○、電車+徒歩でのアクセス◎です。
車でのアクセスでは、伏見稲荷大社には100台駐車可能で無料の駐車場があるので、そちらがおすすめです。
しかし周辺の道が狭く、繁忙期には、混雑が予想されるので、公共交通機関を利用するのが無難です。
電車の場合、JR稲荷駅または京阪伏見稲荷駅から徒歩10分以内で行くことができます。
稲荷駅から降りた場合は鳥居がすぐ目の前にあり、アクセスがとても楽です。
京阪の場合も、いなり寿司などが売られている参道を通り過ぎると、すぐ鳥居が見えてきます。


+写真詳細

伏見稲荷写真3
  京阪伏見稲荷駅も、伏見稲荷大社の
鳥居ようなデザインになっています。
伏見稲荷写真25
参道の脇に小川があったせいか、
とても蒸し暑く、蚊が多かったです。
伏見稲荷写真27
昼は宇治で長い距離歩き、そろそろ
疲れてきたのでここで引き返しました。
〆撮影メモ          
宇治、平等院鳳凰堂に行ったあとに向かいました。
京阪伏見稲荷駅から徒歩約10分ほどで
伏見稲荷大社に到着です。
今回は夕方17時を廻り、また特別な行事もありませんでしたが、
多くの参拝客で混雑していました。
まず千本鳥居を通り、池のある場所まで行きましたが、
日も暮れ、夕食を早めに済ませたかったので、
そこで引き返しました。
(夜、その先、四辻まで行った記事はこちら)
途中、多くの参拝客とすれ違いました。
白人の方が10%ぐらいおり、伏見稲荷は、
殆どの寺が17時ごろには閉まってしまう一方、
24時間参拝できる数少ない寺として、
外国人観光客の中で有名だそうです。

ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
★伏見稲荷の写真 - 撮影日時 2012年 8月13日 14:10-15:00// 手持ち撮影 レンズ:広 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 top京都写真TOP-伏見稲荷へのアクセス