トップページ京都写真TOP-雪の写真-野沢温泉スキー場の写真 長野県 下高井郡 野沢温泉村 豊郷7653 地図         関連記事   野沢温泉スキー場3日目 スキージャム勝山                        
野沢温泉スキー場(2日目)                 

■野沢温泉スキー場について

野沢温泉村は1272年以降から湯山村と認知され、
江戸時代以降には多くの温泉客が訪れていました。
日本の古い町並みを残した温泉街と、
スキーが楽しめることが魅力となっており、
日本人だけでなく外国人客が多いことでも知られています。
また、野沢温泉村に13ある外湯は、
深夜以外であれば無料で入浴することができます。

野沢温泉スキー場は長野県の北部に位置するスキー場で、
スキー場の最高部は毛無山山頂の1650mで、
標高差は1085m、コース数36、最長滑走距離10kmと、
日本のスキー場ではかなり大きな規模を有しています。

スクロールします: 壁紙  飛びます:アクセス

◆営業時間2011年12月3日-2012年5月6日 ※積雪量による
◆リフト料金大人 4600円 子供2100円
◆駐車場平日無料 休日1000円
◆そのほか料金、営業時間については変動があるので
野沢温泉スキー場公式webページ参照

+写真詳細
野沢温泉 頂上はガスで見えません。
小毛無Bコース 殆ど前が見えないので、リフトの可動音を頼りに滑ります。
野沢温泉11 小毛無Bコース 遭難してもおかしくない視界の悪さです。
野沢温泉15 スカイラインコース 晴れていれば絶景が広がっている場所です。

〆撮影メモ          
二日目は日影ゲレンデや柄沢ゲレンデを中心に滑りました。
柄沢ゲレンデはとても傾斜が緩やかでコースが広く、
初心者の練習にはもってこいのコースでした。
一部ではパウダーが残っていたり、起伏に富んでいる場所もあるので
上級者でも楽しむことはできそうです。
日影ゲレンデは、柄沢ゲレンデよりは少し傾斜が急ですが、
コースが広く、
こちらも初級コースとなっています。

午後になって、中級コースにも行こうというとき、
頂上付近はガスでかなり視界が悪くなりました。
それでも日影・長坂ゲレンデ等の比較的高度の低い場所は視界は良く、
全く支障はありませんでした。
一番酷かったのは、スカイラインの連絡ペアリフト
周辺を滑っているときで、リフトのブザー音なしでは
コース外に出てしまいそうな程のガスでした。
三日目は晴れの日の同じコースの写真があります。
比べてみると視界の違いが良く分かると思います。
ダウンロード  ※使用条件はこちら

ご注意枚数が多いので、ただいま準備中です。

- 撮影日時 2011年 2月21日 曇り・パウダー// 手持ち撮影 レンズ:
左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。