矢印撮影機材について

このサイトに掲載している写真は全てデジタル一眼レフのNikon D90で撮影されています。
持ち運びやすいコンパクトデジカメではなく一眼レフを使っている理由は、
単純に一眼のほうが綺麗に写すことができ、機能面でも優っているからです。
最近では、ミラーレスカメラなど、高画質・高性能のデジタルカメラも出てきましたが、
シャッタースピードの限度が短かったり、写真の形式も限られていたりします。
ただ、旅行先でちょっと撮影するには十分すぎるほどの機能が備わっているものが増えてきてはいます。
一眼レフの利点は、レンズを交換すれば、マクロレンズや魚眼レンズ等による様々な撮影が楽しめます。
その反面、一眼レフは重量が重く、値段が高いというリスクも持ち合わせています。
私の使用しているD90は、購入当時、18-105mmの標準ズームレンズ付きで11万円ほどでしたが、
上位機種のNikon D3は本体のみで40万円以上と高額です。レンズだけでも、純正であれば数十万する物もあり、
レンズを交換しないコンパクトデジタルカメラと比べると、一眼レフにかかる費用は比べ物になりません。

矢印A(絞り優先オート)とM(マニュアル)

カメラには様々な撮影モードがあります。
夜景撮影では、殆どの場合、A(絞り優先オート)かM(マニュアル)の二つに絞られます。
絞り優先オートは、カメラが、撮影者が設定した絞り(例F3.5〜F26)の設定とISO感度、
周りの明るさに合わせて、シャッタースピードを自動で調節してくれるというものです。

風景撮影において、展望台などから街を写す場合は大体F7〜F10が適切といわれています。
絞り優先オートでは、絞りさえ設定してしまえば、シャッタースピードはカメラが自動的に調節してくれます。
しかし、絞り優先オートでも実際と同じ明るさにならなかったり、故意に明るさを変えたい場合もあります。
特に夜景の撮影で絞り優先を使用すると、過剰露出を起こしがちです。その場合は、M(マニュアル)モードを使用します。
マニュアルは、絞りとシャッタースピードを撮影者が自分で設定するモードで、
カメラに慣れた人は、多くの人がこのマニュアル撮影を使用しています。
次の写真は、必要に応じてマニュアルを使用した例です。

絞り優先
▲絞り優先オートでの撮影。
(絞りF9 シャッタースピード3秒
日の暮れた街に露出が合っているため、
まだ日没前の西の空が露出オーバーで写りました。
マニュアル
▲マニュアルでシャッタースピードを手動で設定。
(絞りF9 シャッタースピード1.3秒
シャッタースピードを少し短くすることで、
夕景と街の明かりを一枚に収めることができました。
矢印絞り F値について

カメラの絞りの開き度合いを数値化したものがF値という値です。
この値が大きくなるほど、レンズから入る光の量が少なくなります。
そうなると暗く写ってしまうので、同じ明るさで写そうとすれば、シャッタースピードが長くなります。

また、ボケが抑えられ(焦点深度が深くなり)、
被写体のピントが合っていない背景も、より鮮明に写すことができます。

逆に、F値が小さくなるほど、シャッタースピードが短くなります。
また、背景をぼかすことができ、ピントを合わせた被写体を引き立たせることができます。

ちなみに、一般にF値が小さいほど画質が低下します。F8程度が一番高画質といわれており、
それ以上に絞ってもまた画質が悪くなります。
展望台から風景や、夜景を撮影する場合は、F8程度に設定すると一番高画質で撮影できます。

F値を変えて撮影した例 ※同じ明るさで比較するため露出補正をしています。
ISO 1500
▲絞り開放での撮影。
(ISO-200 シャッタースピード1/100秒
F/5.6 露出補正-0.5)
手前の紅茶のカップが綺麗に写っており、
背景である街の風景は不鮮明に写っています。
ISO 200
▲絞りを絞っての撮影。
(ISO-200 シャッタースピード1/40秒
F/18 露出補正+0.8)
こちらも手前のカップは鮮明に写っていますが、
背景の街の風景も比較的鮮明に写っています。
矢印シャッタースピードとISO感度について

ISO感度は、夜間の手持ち撮影のみならず、日常の撮影でも非常に重要な機能で、
感度を上げることにより、暗い場所でもシャッタースピードが短くて済みます。
ISO感度を上げて撮影する例として、1 動いている物体をブレることなく撮影したい時や、
2 夜間や屋内などの暗い場所での撮影で、三脚を使用しない時、又は混雑などで三脚が使えない時に用います。
3 また、星空の撮影では、三脚を使用していてもISO感度を上げて撮影することがあります。

具体的には、1では通過している電車などの乗り物撮影、逆に車内から外の景色の撮影、
また風が強い日の夜桜や紅葉の撮影が挙げられます。
電車はかなりの速さで動いているので、シャッタースピードを早めないと、中々綺麗に撮ることができません。
電車が時速80kmで動いていると仮定すると、一秒間に0.022km(22m)進んでいることになります。
仮に、ISO100(絞りF8)で曇天の時に撮影し、1/80(80分の1秒)のシャッタースピードが得られたとき、
約0.277m=(80000÷3600÷80)のぶれが生じ、約28cmぶれて写ってしまうことになります。
その場合、ISO800で撮影したとすると、1/500となり、大体28cm÷6で、ぶれを5cm程度に抑えることが可能です。

また、2では、三脚を持っていないときに、夜景の写真が撮りたいときや、
寺院などの夜間拝観で三脚の使用が禁止されている場所での撮影があります。
ISO感度を上げると短いシャッタースピードで撮影でき、手ブレを最小限に抑えられます。
シャッタースピードが短くて済むなら、常に感度を上げて撮影すればいいのでは、と考える方は多いと思います。
しかし、感度を上げての撮影は、画質が悪くなるという欠点も持ち合わせています。
コンパクトデジタルカメラや携帯電話のカメラで夜景を撮影すると、画質が低下し、
写真がざらついてしまうのはよくあることですが、
それはカメラが自動的にISO感度を上げ、手ブレを最小限にしようとしているのが原因です。
手ブレを防ぐには、三脚などで、カメラを固定しての撮影となりますが、
三脚は大きくて重いので、気軽に持ち歩けません。
その上、三脚使用での撮影は、通路を塞いだりしてしまい、通行の邪魔になることがあるため、
京都の寺などでは三脚の使用が禁止されている場所が多いです。

3の星空は、三脚を使用した、シャッタースピード30秒程度の露光でも、明るく写せないことがあります。
場合にもよりますが、レリーズを用いてシャッタースピードを60秒〜に設定すれば大抵明るく写せますが、
星は太陽のように動いており、1時間に15度程度、移動しています。
仮に60秒のシャッタースピードで星空撮影をすると、撮影中に0.25度移動していることになります。
小さな数字だと感じるかもしれませんが、実際に撮影した写真を見てみると、 星が線のようになって動いているのが分かります。
星の軌道を撮影したい場合は良いですが、一見不鮮明な写りに見えなくもありません。
星が線のような写りになってしまうのを回避するためには、ISO感度を上げて撮影する必要があります。
ISO感度を上げての撮影は、ノイズが入り、写真が荒れてしまうデメリットもあります。
逆に、星の周期運動の軌跡を撮りたい場合は、
シャッタースピードを長く設定する場合があるので、ISOの値を最低にし、絞りの値(F値) を上げます。

どういう写真を撮りたいかによって、設定は変わります。これが一番というものはありません。
電車などの動体の撮影でも、速さを表現したい場合には、意図的にシャッタースピードを長めにすることもあります。
夜景撮影でも、夜のテーマパークで、イルミネーション付きで回転中のコーヒーカップを撮影すれば、
光の軌跡によって美しいアートのような写真を撮ることもできます。

ちなみに私のデジタル一眼レフカメラでは、ISO-100〜3200まで設定できます(感度一万越えが可能な機種もあります)。
元々はISO-200に設定されていますが、三脚を使用しての夜景撮影ではIS0-100に設定しています。
そうすることでシャッタースピードを長く設定できるので、車のライトなどの明かりを増やすことができ、
例え撮影中に何かが横切っても、その影響を最小限にできます。
また、ISO-200より更に感度の低いISO-100の方が綺麗な写真が取れるというのも
理由の一つです。とはいえ、200と100ぐらいの差では、ぱっと見た限り画質の違いは殆どありません。
しかし感度の差が拡がってくると、ISOが高い写真にノイズが出ることがあります。
↓に例を挙げています。(クリックで拡大できます)

ISO感度を上げて写真にノイズが入った例
ISO 1500
▲絞り優先オートでの撮影。
(ISO-1500 シャッタースピード1/1.3秒)
特にスポットライト周辺にノイズが入り、
全体的に写真が荒れていることがわかります。
ISO 200
▲絞り優先オートでの撮影。
(ISO-200 シャッタースピード30秒)
無風だったのでススキがぶれることもありませんでした。
因みに左の写真は春、右は秋撮影の清水寺
逆にISO感度を上げたほうが好ましい例
ISO 100
▲絞り優先オートでの撮影。
(ISO-100 シャッタースピード25秒
風で竹が揺れてしまった影響で、
竹林が綺麗に写りません。
ISO 500
▲絞り優先オートでの撮影。
(ISO-500 シャッタースピード15秒
まだ少しブレていますが、更に感度を高めれば
シャッタースピードをもっと早くできます。写真は嵐山の竹林
撮りたい写真によって、ISO感度を調節。例:見た目に近い状態で撮りたい場合
ISO 1600
▲絞り優先オートでの撮影。
(ISO-1600 シャッタースピード30秒 F5)
星が動いているような印象はあまり受けませんが、
少し画像がざらつき、ノイズが入っています。
ISO 800
▲絞り優先オートでの撮影。
(ISO-800 シャッタースピード61.4秒 F5)
星が線になり、ぶれているようにも見えます。
左の写真に比べ、ざらつき具合は少し軽減されました。
矢印夜景の撮影とアクセサリ

夜景の撮影の際、禁止されている箇所以外では、基本的に三脚を、
時にはリモートレリーズ(リモコンまたはレリーズとも)も使用しています。
夜間の撮影で写真雑誌に載っているような綺麗な写真を写すためには、三脚は必要不可欠なものになってきます。
ただし、紅葉・桜の時期の寺などの混雑する場所では三脚の使用が禁止されている場合があり、
そういった場所ではISO感度を高くして手持ちで撮影します。
私が使用している三脚はこちらプロ200 DX III

矢印なぜ三脚が必要なのか

夜間の撮影は、昼間と違ってレンズに入ってくる光の量が著しく少なくなるため、
長い間露出(長時間露光)する必要があります。
ISO感度を上げれば短い露光時間でも撮影できますが、画質は確実に落ちてしまいます。
露光している間は、分かり易く言えば「数十秒間動画を撮影しそれを一枚の写真にする」ようなことで、
三脚を使わず手持ちで撮影した場合、ブレた分だけ光の筋が写ってしまい、写真がぼやけてしまいます。

矢印 三脚について

三脚といっても何百という種類があります。
三脚はよりしっかりしたものほど高価で重量も重くなりますが、
逆に安さや軽さを求めすぎると、カメラの重さを支えきれずにちょっとした風でもブレてしまったりします。
更に、一眼レフの場合は、初めは重さに耐えられても、望遠レンズなどの比較的重いレンズを買い足していくと、
重量が増して支えきれなくなることがあるので、強度には余裕のあるものを選んだほうが良いです。
私の場合は三脚を担いで山を登ったり、自転車で三脚を運ぶこともあるため、
重すぎず、しかしある程度カメラが支えられる程の重量と強度のあるものを・・と選んでいくうちに
今の三脚に行き当たりました。
三脚を車で運べる場所用と持ち歩き用と使い分けている方もいますので、
是非ご自分の用途に合った三脚をお選びください。

矢印 レリーズを使った撮影

三脚を使用した夜景の撮影でも、シャッターを押したときの小さな振動でブレてしまうことがあります。
その場合、カメラのシャッターボタンを直接押さずとも、リモートコントローラーで
シャッターを切ることができます。レリーズは安いものであれば、新品でも1500円ぐらいで手に入ります。
しかし、セルフタイマーを2秒に設定すればそのブレは回避できるため、三脚ほど必須のアイテムではありません。
特にレリーズの使用が推奨される場面は、星空や花火の撮影が挙げられます。
特に星の周期運動を撮影したい場合、カメラに元々備わっているシャッタースピード限度(Nikon D90の場合は30秒)では足りず、
数十分から数時間程のシャッタースピードが必要な長時間撮影ができません。
バルブ撮影(リーズのシャッターボタンを押している間中ずっと露光する撮影方法)を使えば、電池が持つ限り何時間でも露光することができます。
また、花火の撮影では、花火が破裂した瞬間から完全に開くまで露光するため、
花火の大きさや長さに応じてシャッタースピードを変える必要があります。

レリーズ不使用
▲レリーズを使わないマニュアル撮影。
(絞りF8 シャッタースピード13秒
シャッタースピードをその都度変更出来ず、
花火が重なってしまいます。
レリーズ使用
▲レリーズを使用したマニュアル撮影。
(絞りF6.3 シャッタースピード17.3秒
大きな花火の破裂から終わりまでを収めることができました。
左の写真の13秒だと、この規模の花火にはやや短いです。

矢印夜景撮影に行くときは・・

いざ夜景の撮影にいこう、ということになったらまずこの先一週間の天気を調べます。
紅葉の時期の嵐山など、混雑が予想される地域はあえて平日に、平日でも混雑しそうな場所は
あえて雨の日を選んで撮影の計画をする場合もあります。
高台からの夜景の撮影は、撮影予定日になっても曇りや雨の場合は撮影を延期することが多く、
晴れの日でも、靄がかっていて視界が悪い場合は延期する場合があります。
撮影日前日には、カメラのレンズとプロテクターに汚れがないか確認し、電池容量も確認します。
撮影可能枚数が残り少なければ、必要のない写真を消して十分な容量を確保します。
カメラ用バッグに、三脚の部品や、特に忘れがちな雲台があるかを確認して、天候が整えばいざ撮影へ。

展望台などの高所からの撮影の場合、日没後20〜30分の夜景が一番美しいといわれています。
赤、橙、黄、青、黒といったコントラストと夜景を一枚に収めることができるからです。
その期を逃さないために、電車やバスの時刻を確認して日没前に早めに撮影地へ到着。
一番視界が広く、三脚の立てられそうな場所を選び、三脚にカメラを設置し、レリーズを取り付けます。
レンズの手ぶれ防止機能がOFFなのを確認し、ISO感度(前回の撮影で高い値のままの場合があるので)
やホワイトバランス、ピントのA,M(オート、マニュアル)等を確認します。
また、この時点で既に保護フィルターが汚れていれば外します。撮影設定は、始めはA(絞り優先オート)ですが、
様々な明るさの写真を撮っておきたいので、大体はマニュアルにして自分で調節しつつ撮影します。
街明かりなど、被写体が遠く、不鮮明な場合はピントが合わないことがあるため、
必要に応じてピント調節のマニュアルも使用します。
撮影は日没後、空が真っ暗になるまで行います。撮影時間は大体一時間から二時間です。
夜景写真の撮影設定についてはこちら

ご注意このページはWEB作成者の個人的な意見に基づいて作成されていますので、
誤った点がある恐れがあります。ご注意ください。
京都写真壁紙バナー