矢印紅葉・桜の撮影設定


紅葉や桜の撮影は、基本的には特に変わった撮影設定が必要なく、長時間露光が必要な夜景や、
絞りの調節も必要となる滝の撮影と比べて簡単です。
ここでは、オート撮影では撮影することが難しいような写真の撮影設定を載せております。
オート撮影では、偶然撮影場所が日陰で、露光時間が長くなってブレてしまったり、夜間拝観では、
測光ポイントによっては露出過剰になることがあるため、マニュアルモードの使用が重要になります。
また、桜・紅葉の時期には、夜間のライトアップが行われる寺がありますが、通路が狭いことや、
混雑等が理由で、三脚の使用が禁じられている場所が殆どです。

カメラを固定して手ぶれを防ぐか、露光時間短縮のため、感度を上げて絞りを開放にするといった対処が必要です。


カメラアイコン紅葉の写真撮影設定の比較

レンズ:撮影に使用したレンズ。Nikkor(ニコンレンズ)Sigma(シグマ製レンズ)。下表のレンズ名は省略しているため注意。
焦点距離:値が大きいほど望遠(ズーム)になります。小さいほど広角となります。
露出モード:P(プログラムオート) S(シャッター優先オート)A(絞り優先オート) M(マニュアル)
絞り値:レンズがどれだけ光を取り込むかの値。 値が小さいほど写真が明るくなる。
ISO感度:値が高いほど、光を増幅する。 値が高いほどシャッタースピードが短くて済むが、写真が荒くなる。
露光時間:シャッタースピード又は露光時間とも。値が大きいほどシャッターが開いている時間が長くなり、写真が明るくなるが、その間カメラが動くとブレが発生する。
WB:ホワイトバランス。写真の色味を決定する。
フォーカスモード:ピントの合わせ方。オート(カメラが自動でピントを合わせる) マニュアル(自分でピントを合わせる)

下鴨神社 紅葉の撮影設定
紅葉下鴨神社の紅葉
単焦点レンズを使ってのボケを生かした写真。
木が生い茂っていたため若干暗く、感度は200に設定。
更に絞り値を開放にすると、ボケ過ぎてしまうので注意。
レンズ:AiAF Nikkor 50mm F1.8
焦点距離:50mm
露出モード:M(マニュアル)
絞り値:F/4
ISO感度:ISO-200
露光時間:1/200秒
WB:昼光色蛍光灯
フォーカス:オート
赤山禅院の紅葉 撮影設定集
紅葉京都府京都市左京区 赤山禅院の紅葉
手前側の色鮮やかな紅葉を強調し、奥の色褪せた落葉は、
絞りを解放にしてぼかした。ブレ防止のため、
更にISO感度を上げ、露光時間を短縮したほうが良かった。
レンズ:Sigma 10-20mm
焦点距離:15mm
露出モード:M(マニュアル)
絞り値:F/4
ISO感度:ISO-500
露光時間:1/50秒
WB:曇天
フォーカス:マニュアル

高台寺の紅葉 夜間拝観 撮影設定集
紅葉京都府京都市東山区 高台寺の紅葉
三脚の使用が禁じられていたため、手持ちで撮影。ライトアップ
されていたが、非常に暗く、感度を最大限まで上げて、
絞り開放でもブレてしまった。+0.7の露出補正有。
レンズ:AF-S Nikkor 18-105mm
焦点距離:18mm
露出モード:M(マニュアル)
絞り値:F/4
ISO感度:ISO-3200
露光時間:1/4秒
WB:白色蛍光灯
フォーカス:オート
北野天満宮の紅葉 夜間拝観 撮影設定集
紅葉京都府京都市上京区 北野天満宮の紅葉
三脚を使用して長時間露光。
奥へと続く紅葉を鮮明に写すため、ある程度絞って撮影。
被写体が十分に明るいため、オートフォーカスで撮影した。
レンズ:AiAF Nikkor 50mm F1.8
焦点距離:50mm
露出モード:M(マニュアル)
絞り値:F/8
ISO感度:ISO-100
露光時間:10秒
WB:温白色蛍光灯
フォーカス:オート


カメラアイコン桜の写真撮影設定の比較

桜の花びらは、太陽にあたっている部分は白飛びしたり、ホワイトバランス(WB)の設定によっては
色気のない写りになってしまうことがある
ので、場合によっては撮影設定の調節が必要です。
夜間の撮影では、特にライトアップのイベントのない暗い場所での撮影でも、シャッタースピードを長くすることで
日中であるかのような明るい写真や、星空とのコラボレーションを撮影できるので、
様々な場所で、設定を変えながらの撮影を試してみると良いでしょう。


高瀬川の桜 撮影設定
桜高瀬川の桜
晴天で十分な明るさがあったが、桜の部分は
日陰になるので、感度を200に設定し、明るめに撮影。
手前上の桜にピントを合わせた状態で、カメラを動かして撮影。
レンズ:Sigma 10-20mm
焦点距離:16mm
露出モード:M(マニュアル)
絞り値:F/8
ISO感度:ISO-200
露光時間:1/250秒
WB:晴天
フォーカス:オート
嵐山の夜桜とオリオン座
桜嵐山の夜桜
晴天で星が綺麗に見えていたため、桜と星の同時撮影が
できた。辺りが暗く、桜に光が当たっていなかったため、
30秒間の長時間露光でも、桜が明るくなり過ぎる事がなかった。
レンズ:AF-S Nikkor 18-105mm
焦点距離:21mm
露出モード:A(絞り優先オート)
絞り値:F/7.1
ISO感度:ISO-200
露光時間:30秒
WB:高色温度の水銀灯
フォーカス:オート



写真・壁紙は、個人利用と一部の二次利用に限り、無料でご利用、ダウンロード頂けます。 ※詳しくはこちら

京都写真壁紙バナー