トップページ京都写真壁紙トップページ-展望夜景の写真-嵯峨天皇陵の写真 京都府 京都市 右京区 北嵯峨北ノ段町  地図 周辺のスポット 小倉山からの夜景 大覚寺                        
嵯峨天皇陵
本格的な山道を長時間歩く必要があり、景色を見るために登山をする方は玄人といえます。 あまり人気が無く、安全とはいえません。 公共交通機関を使って行くことが出来ますが、最寄のバス停や電車の駅から大体徒歩15分以上30分以内かかります。 入場料などは不要です。 近くに公式の駐車場や、コインパーキングはありません。 アクセスが良くなかったり、デートで行くほどの夜景がない場所です。 駐車場または駅から徒歩10分以上30分以内でいけます。駐車場がある場合は、駐車場からの時間となります 山から街を見るタイプの夜景スポットです。
雰囲気1
アクセス2
眺望範囲2
光の多さ2
穴場度4

展望夜景嵯峨天皇陵について

嵯峨天皇は桓武天皇の子で、
蔵人所や検非違使を新設するなどの改革を行ったほか、
子子子子子子子子子子子子(ねこのここねこ、ししのここじし) を読めるかと小野篁に尋ねたことでも知られています。
この地右京区の、嵯峨野という地名は
嵯峨野の地を愛した嵯峨天皇の名から由来
しています。

  飛びます:アクセス     壁紙はありません。

◆時間
入山料や時間制限無し 年中立ち入り自由
◆駐車場
なし 
◆眺望範囲
南-東 伏見区から上京区
◆標高
標高 約200m(頂上) 展望スポットの標高約150m



より大きな地図で 嵯峨天皇陵・嵯峨天皇陵 を表示

見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

嵯峨天皇陵までのアクセスや行き方など
車でのアクセス△、バスでのアクセス○、電車・徒歩でのアクセス△です。
車でのアクセスでは、駐車場がありませんので、
車での来場はできません。近くの大覚寺も拝観される場合は、
天皇陵に行っている間、車を止めておいても良いという
許可をもらえた場合は大丈夫かと思います。
電車でのアクセスは、
JR嵯峨嵐山駅からが一番近いですが、
かなりの距離があります。元気な方は徒歩で、
体力に自信のない方はタクシーの利用をお勧めします。
バスの場合、乾隆校前下車後、
徒歩5-10分程度です。夜行かれる方は、終バスの時間にご注意ください。


+写真詳細

嵯峨天皇陵夜景8
登山道ヘアピンカーブからの撮影でした。
道自体はしっかりしていて歩きやすいです。
〆撮影メモ          

嵯峨天皇陵から京都市を展望できる場所が
あるということで、小倉山登山の後向かいました。
事前に地図を見た感じではたいした標高では
なさそうでしたが、同じ景色が延々と続く
折り返しに気が滅入りました。
10回程山道を折り返しして
なんとか嵯峨天皇陵に到着したものの、
天皇陵からは景色が全く見えなかったので、
また引き返して道中から見える夜景を
何枚か撮影しました。結果としてはどこも展望範囲が狭く、
ゆっくりと夜景を見られるような場所はなかった
ので、
夜景スポットに加えていいのかと悩むほどです。
陵ということが関係しているのかは分かりませんが、
寒気がして帰りたい気持ちを押し殺しての撮影でした。
小倉山と比べても嵯峨天皇陵のほうがまだ町に近いはずですが、
雰囲気(怖さ)ではこちらの方が勝っていました。
勿論、昼行けばさわやかな山道でしかないのですが、
夜は真っ暗で電灯はなく、夜景を見るために
わざわざ行く場所ではないと言い切れるスポットです。
山道は綺麗に整備されているので登りやすかったです。
ご注意 2014年8月現在、数年前豪雨による土砂崩れで
参道が崩落の危険があり、正面入り口からの道が通行
できませんので、別ルートをお使い下さい。 (地図参照)

嵯峨天皇陵の展望夜景写真

撮影日時 2011年 2月 17:30-18:40// 三脚使用 レンズ:標 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 京都写真壁紙トップページ-嵯峨天皇陵へのアクセス