トップページ京都写真壁紙トップページ-紅葉の写真 京都府 京都市 左京区 浄土寺真如町82  地図 同じ日に撮影のスポット   京都市美術館前 南禅寺                        
真如堂   
  

紅葉真如堂について

真如堂(しんにょどう)は、天台宗の寺院で、
984年(永観二年)戒算上人が、
東三條女院(一条天皇の母)の離宮に、
比叡山常行堂にあった阿弥陀如来を移したのが始まり
です。
真如堂は、真の極楽の寺という意味の、
「鈴聲(れいしょう)山真正極楽寺」が正式名称です。
火災により数度消失しましたが、
1693年に東山天皇の勅により再建されました。

スクロールします: 壁紙  飛びます:アクセス

拝観時間
通常拝観:9:00〜18:00
拝観料金
境内無料  本堂:大人500円 小学生無料
駐車場
なし 車での来場不可 
その他
三脚一脚使用禁止
詳しくは真如堂のウェブページ


見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

写真詳細写真詳細
車でのアクセス×、バスでのアクセス○、電車でのアクセス×です。
車でのアクセスでは、
自家用車用の駐車場はなく、
周辺にコインパーキングも見当たらないので、
バスかタクシーを利用してください。
タクシーは、道路が混雑していなければ京都駅から2000円弱です。
電車でのアクセスは、
最寄駅である京阪の神宮丸太駅から離れていますので、
京都駅、河原町などからバスを利用してください。
バスのアクセスは、
錦林車庫前で下車し、徒歩10分程度。
上の地図にバス停をマークしておりますので、
参考にしてください。
写真詳細写真詳細

真如堂紅葉27
青葉が多く残っているため、
来週までは紅葉が見られそうです。
美術館紅葉10
境内は広く、金戒光明寺と繋がっています。

撮影メモ京都市美術の撮影記録

         

真如堂は、市内の他の平地よりも紅葉が一足早く、
南禅寺では未だに多くの青葉が残る中、
11月の半ば過ぎには全体が見頃を迎えていました。
本堂前には多くの観光客が写真撮影や、
またテレビ局が取材を行っていました。
夕刻になり、夕日で紅葉がますます赤く鮮やかに映え、
夕日に照らされた三重塔も綺麗でした。
境内はとても広く、道も広いため、
少々混雑していても窮屈には感じませんでした。
一部拝観料が必要な場所もあったようですが、
拝観料を払わずとも寺の一部以外は拝観が無料なため、
十分に紅葉を楽しめました。
境内には猫が多く、人慣れしている猫もおり、 撫でられたり、写真の被写体としても大忙しの様子でした。
境内を散策していると、
気がつけば金戒光明寺の三重塔に辿りついていました。
どうやら真如堂と金戒光明寺は山の頂上付近で繋がっているようです。
大部分が拝観無料で、紅葉の色も非常に鮮やか。
是非来年もう一度行きたいお寺です。
この後、南禅寺へ向かいます。


ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

紅葉壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
紅葉壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
紅葉壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1029
1029×768
紅葉壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1031
1031×768

写真真如堂の紅葉写真

撮影日時 2010年 11月19日 15:30-16:00 見頃 // レンズ:標 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 京都写真壁紙トップページ-都市美術へのアクセス