トップページ京都写真TOP-神社仏閣の写真-鈴虫寺の写真 京都府 京都市 西京区 松室地家町31    地図 周辺のスポット 京都大学桂の写真 貴船川の写真                        
鈴虫寺
              

■鈴虫寺(すずむしでら)について

鈴虫寺は、京都市西京区にあるにある臨済宗の寺院で、
1723年鳳潭によって創建されました。
一つだけ願いをかなえてくれるといわれている
幸福地蔵が有名で、全国から多くの人が訪れています。
鈴虫を飼育しており、年中にわたって鈴虫の鳴き声を
聞くことができることから鈴虫寺といわれていますが、
正式名称は華厳寺(けごんじ)です。

スクロールします: 壁紙  飛びます:アクセス

◆拝観時間
開門時間 9:00-17:00(最終受付16:30)
◆拝観料金
500円 中学生以下300円 幸福御守り300円
◆駐車場
駐車場 約70台 無料
詳しくは鈴虫寺の公式WEBページを見てください。

見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

鈴虫寺までのアクセスや行き方など
車でのアクセス○、電車+徒歩でのアクセス○です。
車でのアクセスでは、鈴虫寺には約70台の駐車場がありますが、周辺の道は狭く、繁忙期には満車になる場合があるので、
混雑が予想される場合には公共交通機関で行くのがお勧めです。
電車の場合、阪急松尾駅から徒歩約15分で行くことができます。
電車は道が混雑していても、バスや車のように遅延しないので、紅葉等の時期は電車がお勧めです。
ちなみにバスで京阪三条や河原町、京都駅まで行くこともできます。通勤ラッシュの時間帯は道が込みますので注意してください。


+写真詳細

鈴虫寺写真0
  五条通から嵐山を経由して向かいます。 写真は嵐山の天龍寺です。
鈴虫寺写真2
松尾大社の前を通過
鈴虫寺写真3
苔乃茶屋です。そばがとても美味しいです。
鈴虫寺写真41
東の方角を見ています。
写真中央左に見えるのが京都タワーです。
鈴虫寺写真58
説法は30分に1回で、
その間に来観した場合は、前の説法が終わるまで待ちます。
鈴虫寺写真66
地蔵寺を通過し、阪急上桂駅へ
〆撮影メモ          
右京区からバスに乗って鈴虫寺へ。
京阪バスに乗りましたが、嵐山経由だったので
到着までに40-50分ほどかかりました。
到着後、まずはバス停前にある苔乃茶屋という茶屋で
朝食兼昼食を食べた後、鈴虫寺へ。
拝観料500円を払い、寺の方による説法を30分ほど聞きました。
始め、説法は10分程度で終わると思っていたので正座で座っており、
説法が終わったころにはかなり足がしびれてしまいました。
説法では、お守りでお願いする方法や、
日々お願いを成就するにはどうすればい良いか、
といった生き方のお話もしてくださり、とてもためになりました。
庭は狭く、普通ならば5分以内に回りきれる大きさですが、
今回は20分程度粘って庭を撮影しました。
30分の説法中に来た人たちは、次の説法が終わるまで寺の外で待つのですが、
団体客が来たのか、長蛇の列ができていました。
説法をする部屋には一度に200人程度入れるということですが、
秋の繁忙期などは、数時間の待ち時間ができることもあるそうです。

ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1027
1027×768

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1032
1032×768

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1033
1033×768

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1034
1034×768

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1033
1033×768

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1034
1034×768

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1033
1033×768

★鈴虫寺の写真 - 撮影日時 2012年 8月10日 13:50-16:00// 手持ち撮影 レンズ: 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 top京都写真TOP-鈴虫寺へのアクセス