トップページ京都写真TOP-紅葉の写真-哲学の道の写真 京都市 左京区  周辺のスポット 法然院の紅葉 永観堂の写真                        
哲学の道   
 
 

紅葉哲学の道について

哲学者の西田幾多郎が思策に耽りながら歩いたことから、
"哲学の道"として知られている小道です。
昔は、文学に親しみのある人がよく歩くとして、
"文人の道"とも呼ばれていたようです。
桜並木が連なっているため、 春には桜の名所として知られています。
銀閣寺や南禅寺へ訪れた際は、
ぜひ哲学の道を散歩してみてください。
なにか閃くかもしれません。





〆撮影メモ

この日は昼過ぎ京都駅に到着し、
法然院を拝観して南禅寺へ向かいます。
法然院からは鹿ヶ谷通を通ると一本道で行けるのですが、
歩道が非常に狭く、せっかくなので哲学の道を歩くことに。
予想以上に多くの人が行き交っていましたが、
大部分の方は南の永観堂や市営地下鉄の蹴上駅のある
方向に歩いていました。
哲学の道横の小川には鴨がおり、
潜って食べ物を摂っているようでした。
この小川は夏には蛍が見られるそうです。
途中、猫が眠たそうにしている場所では
多くの人だかりができていました。
紅葉はわざわざ見に行くほどありませんが、
銀閣寺や法然院、永観堂を行かれる方は
通ることになると思います。
永観堂近くではクレープ屋さんもあり、
私も含め、小腹の空いた方々が並んでいました。


★哲学の道の写真 - 撮影日時 2015年 11月21日 16:05-16:30 // レンズ:広 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 top京都写真TOP