トップページ京都写真TOP-紅葉の写真-東寺の写真 京都府京都市南区九条町1    地図 周辺のスポット 東寺(昼)の写真 梅小路公園紅葉                        
東寺(ライトアップ)
              

アクセス東寺(とうじ)について

東寺は、京都市左京区にある東寺真言宗の寺院で、
796年、桓武天皇によって創立されました。
平安京の羅城門の東西にそれぞれ左京と右京を守る寺
として、東寺、西寺の2寺院が建てられましたが、
西寺は消失しています。
820年代には空海が嵯峨天皇から東寺を与えられた後、
真言宗の寺として栄え、現在は世界遺産に登録されています。

スクロールします: 壁紙  飛びます:アクセス

◆拝観時間
3/20-9/19 8:30-17:30(17:00受付終了) 
9/20- 3/19 8:30-16:30(16:00受付終了)
紅葉ライトアップ 2018年10月27日-12月9日
18:30-21:30(21:00受付終了)

◆拝観料金
拝観料 500円、800円、共通券1300円など
紅葉ライトアップ 1000円
◆駐車場
数十台 2時間600円 以後一時間ごと300円
◆そのほか
詳しくは東寺の公式WEBページ


アクセス詳細

見出し球詳しいアクセスと、大きな地図はアクセスページをご覧下さい。

東寺までのアクセスや行き方など
車でのアクセス△、電車+徒歩でのアクセス○、バスでのアクセス○です。
車でのアクセスでは、駐車場が整備されており、
料金も2時間600円とそれほど高くありません。
しかし、紅葉ライトアップ期間中は満車の場合があるため、
事前に周辺のコインパーキングを調べていくことをお勧めします。
バスでのアクセスでは、東寺の周辺に停留所がいくつかあり、
便数も多いですが、紅葉の時期は、時刻表通りに
バスが来ないことがあるのでご注意ください。
電車の場合、京都駅から徒歩か、東寺駅からの徒歩です。
京都駅からはやや距離があり、少し歩き疲れるかもしれません。


+写真詳細

東寺写真24
  池に写る紅葉と五重塔を一枚に写せる
人気撮影スポットで、多くの人でごったがえしています。
東寺写真27
ごったがえしている場所を対岸から撮影してみました。
〆撮影メモ          

梅小路公園のライトアップの後、
車をコインパーキングに置いたまま、徒歩で向かいました。
東寺の門の前に到着したのが19時30分ごろでしたが、
すでに入場待ちの長い列ができていました。
列の長さを目の当たりにし、いつ入れるのか不安でしたが、
10分ほどで中に入ることができました。
境内はそこそこ混雑はしていたものの、
庭園が広いので、そこまでの窮屈さは感じませんでした。
前回昼に拝観したときは、五重塔の内部も見ることが
できましたが、今回の夜間拝観時は対象外でした。
池に写って鏡のように反射した紅葉が美しく、
逆さに写った紅葉と五重塔は見ごたえがありました。
東寺は京都駅に程近く、
紅葉も非常に見ごたえがありますので、
ライトアップを行っている神社仏閣の中でも 特にお勧めです。
ちなみに、東寺では三脚の使用は禁止されていませんが、
周囲の迷惑にならぬよう、マナー遵守をお願いいたします。


ダウンロード画面サイズ別壁紙 ※使用条件はこちら

壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1024
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1028
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1032
1024×768
壁紙サムネイル
1920×1080(HD)
1920×1200
1600×1200
1280×1033
1024×768
.
★東寺の写真 - 撮影日時 2017年 11月25日(土) 19:30-21:00// 一部三脚使用 レンズ:広 標 左クリックで閉じ、右クリックで次の写真へ。Shift+右クリックで画像を保存 ※画像保存はIEのみ可。 top京都写真TOP-東寺へのアクセス